2009年2月21日 横浜にぎわい座 芸能ホール
2009年2月21日 17:00~ 観劇(感激)してまいりしました~
毎回毎回楽しい舞台と素敵な歌謡ショーのにぎわい座の舞台。
今回のお芝居は~~?
聞くところによると、江藤さんの「やっちゃいました」劇団の第一回公演の演目らしい

いつものように竜也君が前説に出てきてみんなの拍手を~と思いきや竜也君の横に見慣れない男の人が。。。
なんでも「チルチルミチル」というお笑いコンビを結成していて二人で前説。
まだちょっとやりとりがぎこちなくて、はらはらしたんだけどなんとか拍手をもらってホッ!
今後、二人でやっていくようなので頑張って欲しいっす

舞台のほうはというと、急逝したお父さんが残した母親の違う子供たち(やんちゃがすぎたのねん)が一緒に暮らす洋品店に
またもお父さん~っていう娘がやってきての大騒動物語。

その中で今回の我らがずんこ。いつもは怖いとかキモ可愛いとか化け物の役が多いんだけど、今回はほぼ主役!!
はじめは奈々子で物語りに入ってきたからいつもと同じカワイコぶって怒鳴っていじられて終わりかな=って思ってたら
家族のような他人を気遣って自分を悪者にしてみんなを幸せにしたいというなんと泣けるお話の演出役。
そして最後には死んでしまうというまさにかつての大映映画のようなシュチュエーション。これは百恵ちゃんの役だ~~~
ずんこ、出世したな~~~。お兄ちゃんはうれしいよ(誰っ?)
それから忘れてはいけないのが、自分の身体を犠牲にしてまでのギャグ。誤るたびに頭を床にゴツッゴツッ。2階の僕らにまでその音が響き渡るんだから相当なもの。いや~~芸人魂じゃ~~~。

それからやっぱり好美ちゃん。好意を持っている店長からの告白をず~~~っと待ち続けている従業員さんなんだけど、今回もやってくれました!あの生歌の音はずしはもう名人芸の域ですね。江藤さん舞台の大きな笑いは好美ちゃんが担っております。
それにどの舞台でも素敵であります(すいません、私情が入ってしまって。。。)
それからそれからいつもキュートなRe☆Girlのお二人。今回はバナナあるよの晴香ちゃんと母親不明役のアミちゃん。
いつもは優等生っぽい静かな役が多い晴香ちゃんが、今回ははっちゃけ!!会話のたびにバナナネタで会場からの笑いがどっかんどっかん。表情も自然でどちらかというとこっちが素に近いのかも。もちろんアミちゃんもいつもの天然が発揮されててGOOOでした。ただ僕の中ではやはり歌のRe☆Girl。玉ニューを見ていることもあり♪青い~青い空見上げ~てのフレーズが頭の中に~~
(仕事中も頭の中をめぐることもあり、難儀しております(笑))

それから男性陣では出色だった大芝さん。あの女装は只者ではないですね(笑)バイト経験とかあるんじゃないですか?(爆)
似合ってましたよ~。杉尾さんは役どころもありちょっとおとなしめだったですね。演技派もいいけど肉体派でがんばってほしいっす
鉢巻締めて橋本真也!よろしく~~
竜也君もちょっとおとなしめだったかな。カレー美味しいよのチャダ。バナナにちょっと負けたかな~(笑)チルチルミチルがんばってください。

そして、やっぱり江藤さん。
出てくるだけで笑いが取れる江藤さんはやっぱり貴重。それに笑いのパターンが昭和って言うのも魅力的です。
にぎわい座の舞台はわりと年配の方が多いのできっちりはまってると思います。
でもギャグの中にはクリントン女史も登場するし現在を取り込んでるのも凄いっす
それになんと言っても今回の舞台で凄かったのがダンス!!
みんなが衣装を変えながら何役もこなして、ステージ狭しと踊っている姿に感動すら覚えました。
ラインダンスありランバダありペアダンスあり。結構な時間やってたんじゃないかな~。
終わった後のゼイゼイはおいといて本当に凄い!って思わせていただきました。

そして歌のほうはなんとあの!リリーズのお二人。
好きよキャプテンは、僕の青春の一ページにしっかり刻み込まれています。
そのお二人が目の前で、好きよキャプテンを生で!!もうくらくらものでした。
それに自分たちで作られたというデイジーという歌も心にしみました。夕張復興のステージがんばってほしいです。

いや~~~、今回の舞台も楽しかった~~~。

舞台後の出演者総出のお見送りも毎回楽しみです!!
みなさん、ありがとうございました~~~~(*^^*)





STORY (Re☆Girlアミちゃんブログより))
       注:僕のより良くわかるので使わせていただきます。アミちゃんすいません<(_ _)>


全然流行らない<江島洋裁店>☆

お話は、この店の主人だった父が亡くなって、その初七日のシーンから始まります☆

この江島家、貧乏なくせにやんちゃだった父のお陰で(?)大家族!

お店をお父さんから引き継いだ長男の【江島 博(江藤さん)】、家計を支えるためスナックを経営してる次男の【江島 孝(大芝孝平さん)】、フィリピン人の母との間に生まれた【江島 マリー(晴香)】、インド人の母との間に生まれた【江島 チャダ(竜也くん)】、母親不明の【江島 花(アミ)】の5人兄弟☆5人家族なのです☆

そして長年この江島洋裁店に勤め、みんなとはもう家族のようで、博とは相思相愛の仲なのにお互い気持ちを伝えようとしない【石野 清美(太石好美さん)】☆

この江島家の初七日に予想もしないお客様が訪れます!

『ご焼香させてください。』とやってきた【杉田(杉尾ケンジさん)】と恋人の【奈々子(加藤順子さん)】☆

奈々子は焼香を済ませた途端『おと〜ちゃぁ〜ん!』と泣き崩れてしまいます☆

ビックリする家族Σ(゜д゜;(゜д゜;)!

でもよく話を聞いてみると、奈々子は父の子ではなく片親で頑張っている奈々子たち親子をまるで父親のように面倒を見ていた、と言うことがわかりました☆

親切と賑やかなことが大好きだったオヤジらしいと、博はみんなで一緒に暮らすことを考えます☆

でも孝は猛反対!
貧乏で今だって大変なのにこれ以上面倒見れない!血も繋がってないのに!と。

『それでもオヤジが残した俺たちの家族だ!家財道具を売ってでも面倒を見る!』と譲らない博☆

そんな二人のやり取りを奈々子は聞いてしまいます。

母は他の男性の元へ行ってしまい行くところがない奈々子ですが、こんな優しすぎる江島家の迷惑になってはいけないと、『遺産が目当てだったのにこんな貧乏だったとは!』と出ていってしまいます。

ショックを受けるみんなですが、二人の話を聞いてしまっての言動だったということがわかり受け入れることを決めます☆

晴れて家族になった奈々子☆
喜ぶみんな☆

そんなある日、孝のお店で10周年記念のショータイムをやることになり奈々子も参加します☆

無事に終わったと思った矢先、奈々子が倒れます。
杉田は奈々子が心臓が弱いことを打ち明けます。

急いで救急車を呼びますが間に合わず……。
博はそんな奈々子を抱き締めながら家族の楽しさを一人伝え続けます。

半年後。

元気を出してもらおうと頑張る清美にもまったく応えない、やる気のない江島家。

『私はあんたたちの保護者でも母親でもないんですからね!』と怒る清美を置いて出ていく博・花・マリー・チャダ☆

鳴る電話に『出なくていいよ。留守電になってるから!』と言う孝☆

大人しく言うことを聞く清美の耳に聞こえてきたのは『面と向かって言うのは照れ臭いから…』と言う博の声☆

『奥のマネキンの布を取ってみて!俺からのプレゼントだ。俺と結…ピー』の言葉☆

布を取るとそこにはウエディングドレスが☆

泣く清美に『泣くなよ!』と言う博☆

『……だってこれ小さい。』
『えっ―――Σ(゜□゜(゜□゜*)!!』
『この店流行らないわけだ(笑)』

で幕を閉じた家族愛をテーマにしたお話でした☆

家族って大事だなって改めて気付かせてくれる素敵なお話だったと思います
  HOME
キャスト
江島 博
江藤博利
江島 孝 大芝孝平
石野 清美 太石好美
江島 マリー Re*GIRL 晴香
江島 花 Re*GirIRL アミ
江島 チャダ 江藤竜也
杉田 杉尾ケンジ
奈々子 加藤順子
役名はアミちゃんblogより(^^;;
トールの掲示板

感想、激励、批判  →
お待ちしております

特定非営利活動法人 Dream Project21 主催
横浜歌謡シアターvol.7
グループサウンズがやって来た!          ヤアヤアヤア!
第二部 歌謡ショー
リリーズ


みんなの笑顔、素敵です!


Re*Girlのアミちゃんと晴香ちゃん、ギザかわゆす


ベロベロベ~~


好美ちゃんお疲れ様! 素敵っす


チルチルミチルのお二人、がんばってね!


リリーズのお二人です。輝いてます!
我らが奈々子!頑張った!
L [PR] ɂ @킯菤i i@ďAEx ^T[o[